FC2ブログ

社長インタビュー!

sharakudou34456.jpg
2015年3月吉日 写楽堂社長インタビュー


 
どんな本を収集していますか?

おもしろくてためになる本です。
イ ・ 郷土に関する資料、瀬戸内中世の研究、海軍、産業、都市の形成、風俗
    俳句に関する本、近世における産業の発展、戦争資料などは大いに興味あり!

ロ ・ 文学書・全集
    いまのところ何でもあり!

ハ ・ 社会運動(労働・農民運動・公害など)
    宗教書、左翼思想もあり!


仕入れのたびに、本の紹介は出来ませんか?

本を手にした時、昭和の時代がよみがえってきます。
貴重な歴史的資料、その当時の文化を表現しうるものを見ては、
驚きと溜め息、嬉しさがこみあげてきます。
できるだけNET上では紹介していくつもりです。
今まで楽天のブログでは、いくつか紹介しています。


本の出品数はどれくらいありますか?

雑誌、郷土誌、映画芸能、子ども本、ワイドコミック、写真集などが未登録です。
今年の夏までに済ませたいと思います。
現在、やっと5万冊を終えたところです。
今年中に8万冊の出品をめざして奮闘中です!


スポンサーサイト



Category: 未分類

本の保管、どうする?

雨の日が続きますね。
本を扱っていて気になるのは湿気。
写楽堂の倉庫は天井が非常に高いので風通しがよく、湿気対策にも優れています。

また一般家庭にあるような小型のスチール製の倉庫やプレハブで本を保管していると、
ページが硬くなり、紙が反ってしまったという経験はありませんか?
みなさんも解るとは思いますが、夏の日差しで室内が高温になり、乾燥を招いてることが原因です。
これも天井の高さで解決できます。
本は湿気にも乾燥にも弱いのです。

DSCF3599.jpg
(画像は、まだ未整理の棚)天井は非常に高い

さらに紫外線にも弱くて、紙が日焼けしたり、印刷が褪せたりします。
神田の古書店街では、日焼け対策として、本を北向きに並べている…なんて話は有名ですよね。
本はデリケートです。
実は蛍光灯の光でも、数ヶ月で焼けてしまいます。

と言っても、ヤケてヨレて反ってしまった外観はボロボロの本に良い本が多いです
人から人へ渡って、棄てられずに長い年月 愛された本ですからね。

DSCF3597.jpg
(画像は通路の一部) 倉庫は薄暗いですが、明るい古本屋です。

今月、ネット販売の商品登録件数が5万冊に達しました。
在庫は登録件数の何倍もあるので、これから先もまだまだ頑張ります。

倉庫の敷地のすぐ横には川が流れていまして、
サギがやってきたり、菜の花が咲いてたりするので気分も明るいです。
もう春ですね。

ネット販売部 矢野





Category: 店情報

株式会社 写楽堂

蔵書の整理・処分をお考えの方
お気軽にご相談ください
 
城北店〒791‐8005
愛媛県松山市東長戸2‐5‐43
TEL&FAX: 089‐926‐6977 (12時~24時)
E-Mail sharakudou21@nifty.com
倉庫 TEL&FAX: 089-989-6202  (9時~17時)


当店は古本を扱い40年以上!
販売・買取は、これまでに多くの実績があります。
どんな本であっても正確な査定ができると確信しております。

専門書・資料・コミック・文庫本、なんでも査定いたします!
お気軽にご相談下さい! 


DSCF3576.jpg

map1.jpg
城北店の地図



Category: 店情報