FC2ブログ

まちじゅう図書館構想

雨の日は読書をしたいですね。
今回も本の話題をひとつ。

講談社はハースト婦人画報社と業務提携したそうで、
大手出版社も生き残りをかけて動き出しています。
新宿の小田急百貨店新宿店内には、
雑貨と本とカフェが楽しめる「STORY STORY」がオープンしました。
世間では本の話題が尽きません…。

どの話題も「紙ベースの書籍だけじゃ売れない」というマイナスからの話題ですが、
なにかしら底知れない力強さを感じております。
今後、本がどう動いていくのか。
読書人口は減ってるようですが、愛好家もいますからね。

長野県小布施町では、2012年秋から、「まちじゅう図書館構想」がスタートしました。
「小布施町立図書館まちとしょテラソ」が中心となって具体化が進められているようです。
町内のお店や、お宅のちょっとしたスペースに本棚を設置し、
訪れた人が自由に本を手に取り、人と人の交流を深 める。
という素晴らしい構想です。

それに倣って、愛媛県伊予市でも「まちじゅう図書館構想」が始まっていたようです。
今年の4月に「ウェルピア伊予」でブックカフェがオープンしたと聞いて、
私も行ってみました。

DVC00290.jpg

時代小説から子供本まであって、大判の趣味の本もありました。
市町村史なんかも並んでいます。
本は約800冊が置かれてるそうで。
その数が多いのか少ないのかと言うと、
手に取って読んでみたい本が何冊かあったので、私としては「多い」としておきます。

就寝読書もいいですが、家から出て本を読もう!ってことでしょうね。
一人で読書するのもイイですが、読書する者同士が交流を深める場があると、
愛好家全体で盛り上がると思います。

伊予市の中心部では空き店舗に本棚を設置して、
自由に読書ができるスペースを作ってるそうです。
まさに世間では、本が動き出している、といった感じです。

そして今月は、古本のイベント「松山ブックマルシェ」6月13(土)~6月14(日)が開催されます。
(クリックで松山市公式観光情報サイトへ飛びます)
写楽堂も出店しております。
こういったイベントを機に、みなさんも動き出してみては如何でしょうか。

写楽堂ネット販売部 矢野
スポンサーサイト



Category: 未分類

社長インタビュー!その2

21_s.jpg

 
古本屋に未来はあるのでしょうか?

インターネット上の情報の豊富さ、電子書籍の普及などによって、
確実に市場は縮小されていくでしょう。


 
NET販売の良さは何でしょうか?

これこれの本(題名・著者名)を読みたい、という人にとっては便利である。
また近くに本屋がない人にとっては救いになります。


 
どの地域からの注文が多いのですか?

大都市が多いのですが、NET使用やカード使用に早くから慣れているからでしょう。
またスーパーや本屋に出かけて楽しむことが出来ないほどの忙しい社会になってしまったからではないでしょうか。
要するに働き蜂なのです。

 
NET販売の欠点は?

買う側にとっては、実際に手に取って確かめてから注文するわけではないので、
想像していたものと違う場合もあります。
本の外装・内容・状態はメールや電話などで、よく確かめてから買うのがベストだ。


 
NET販売をする古本屋には、どんな苦労がありますか?

何もかもが苦労だ!目が痛くなる。
登録に時間がかかってしまう。あ~しんどい。
登りかけた山を途中で降りるわけにはいかず…。



 
どんな時が嬉しいですか?

二度ある…。
一度目は、これは!という本を仕入れたとき。
二度目はそれが売れたときである。古本屋にとっては当たり前なことである。
こんな当たり前な質問はするな!


 
つらいことは?

つらいのは、これは!という本が手に入らないとき。
もっとつらいのは、いつまでも在庫だけが増え続けるとき。
もっとつらいのは、注文数が落ちるとき。
更につらいのは、月末の家賃、人件費が…。(ここらへんで、ご勘弁を…、トホホ…)
更に更につらいのは、このようなインタビューです。


 
じゃあどうして、そんなつらい商売をするのですか?

そこ、ここに歩いてる人間に、どうして息をするのですか!と聞いてみればよい。


Category: 未分類

社長インタビュー!

sharakudou34456.jpg
2015年3月吉日 写楽堂社長インタビュー


 
どんな本を収集していますか?

おもしろくてためになる本です。
イ ・ 郷土に関する資料、瀬戸内中世の研究、海軍、産業、都市の形成、風俗
    俳句に関する本、近世における産業の発展、戦争資料などは大いに興味あり!

ロ ・ 文学書・全集
    いまのところ何でもあり!

ハ ・ 社会運動(労働・農民運動・公害など)
    宗教書、左翼思想もあり!


仕入れのたびに、本の紹介は出来ませんか?

本を手にした時、昭和の時代がよみがえってきます。
貴重な歴史的資料、その当時の文化を表現しうるものを見ては、
驚きと溜め息、嬉しさがこみあげてきます。
できるだけNET上では紹介していくつもりです。
今まで楽天のブログでは、いくつか紹介しています。


本の出品数はどれくらいありますか?

雑誌、郷土誌、映画芸能、子ども本、ワイドコミック、写真集などが未登録です。
今年の夏までに済ませたいと思います。
現在、やっと5万冊を終えたところです。
今年中に8万冊の出品をめざして奮闘中です!


Category: 未分類